総会 R4~R3年

このエントリーをはてなブックマークに追加
                                             
    *****************************
  

     関西岳南会・関西鈴蘭会  令和4年度 総会開催
  
   令和4年6月25日(土曜)  1130~ 於 ホテルグランビア大阪  
            

       
開会挨拶    関西岳南会   三浦 会長
 コロナ渦の為に、関西岳南会・関西鈴蘭会の総会が3年ぶりの開催となりました。久しぶりにお逢いして、皆さんお元気にしておられて安心いたしました。私は昨年の5月、関西岳南会の会長に選任された三浦です。本日は15名の出席をいただきましたが、皆さんのご協力を仰ぎ、この会を魅力ある会にして、多くの会員が参加される会にするのが課せられた任務と承知しております。

 世情は、コロナ渦に始まりロシアのウクライナ侵攻、また落着いた感のコロナ感染に加えてインフルエンザの増加の兆しを見せ、地震aaの頻発や物価高など心配がありますが皆さん充分に備えをされて冷静に対処していただきたいと思います。 
 本日は、故郷の佐久から、岳南会の吉岡会長と野沢北高の柳沢学校長のお二人に御多忙中にも拘わらず、ご臨席を賜っております。
 お二人には野沢北高創立120周年式典や南高との統合問題、佐久の近況などお話いただけると期待しております。

  

       来賓挨拶    岳南会  吉岡 徹 会長

 皆さんこんにちは。初めて出席させていただきました。実は楽しみにしておりました。昨年1月5日の岳南会総会にて、高見澤俊雄第6代目会長の後任として選任されました 吉岡 徹でございます。昭和37年57回卒、佐久市大沢出身です。私の叔母が田口出身・旧制岩田の坪井みゑ子で、関西鈴蘭会初代会長でありました。現在は生駒におりまして、昨日久しぶりに顔を出して中島鈴蘭会会長からお預かりした資料を見せたところ、大変懐かしがって『皆さんによろしく』と言っていました。  
 本日、皆さんにお話しさせていただきたい事が2点あります。1つは、この秋に予定しております120周年記念式典です。本来は昨年だったんですが、コロナ渦の為、本年の10月22日(土)11:00から長野県立武道館で記念式典並びに記念フォーラムを、17:00から一万里温泉ホテルで祝賀会を予定しています。遠路ではありますが、是非のご参加をお願い申し上げ、ご出席をお待ちしております。
 
特に記念フォーラムは『佐久の風土と北高、そして未来』をテーマに各界でご活躍されておられる。(56回卒)いで はく、(63回卒)吉岡忍、(72回卒)佐々木剛史、(76回卒)原真人、(78回卒)小泉修一、(81回卒)青木理、(81回卒)小木田順子の各氏にご参加頂く予定です。
 現在、佐久地域の高校の普通科は北高で5クラス、南高で5クラス、岩村田で5クラスの15クラスですが、 10年後には5クラス分の生徒が減少するという予測がされています。そこで北高と南高を統合するという課題に取り組んでいます。新たに創る高校は【佐久地域の進学の拠点校】で『進学を目指す子供を佐久で育てる』ことで一致しております。
 では、何処に建設をするのか?1案は駒場の通称【種畜牧場】(長野県が所有して国に貸している)敷地面積は101ha有る内の6haを活用する・・・と、国に交渉したところ『家畜改良センターとして重要な施設の為、一部でもダメ』との回答。2案は両校の生徒の3分1が汽車通学の為、中込駅から至近な場所(田圃)を選定して、地主さんと交渉して『高校を創るのなら』と了解を得て、県に提案したところ『これからも他の地域でも同様な事例が起きる為、新校の為に土地購入の予算措置は出来ない』とケンモホロロホの回答。そこで3案として、【北高・南高のどちらかに新校舎を建設する】の提案があり検討しています。今秋までには可成り煮詰まってくると思います。 
 もう1つは【進学拠点校】と申し上げましたが、佐久の近隣では上田高校(偏差値65)と山梨県の韮崎甲陵高校(偏差値65)に40人以上が流出している現状です。『新校の環境を整え、逆に優秀な生徒が流入してくる魅力ある高校を創り上げたい。』と熱意をもって取り組んでおります。以上、新任のご挨拶と現状報告とさせていただき、ご理解とご支援をお願申し上げます。

   
       本部報告     野沢北高等学校  柳澤 敬 学校長 
 令和4年(2022年)4月より学校長を務めます柳沢敬でございます。3月までは、高校教育課高校再編推進室にて北信地域の再編を担当しておりました。私は、79回の野沢北高の卒業生で出身は小諸です。小学校5年生の時に、丸子実業を破って甲子園出場を果たした野球部を見て、仲間と『絶対に野沢北へ入って野球をやる』と約束して、芦原中学から6人が入学しました。駅から桜井までは田圃ばっかりで小諸から自転車で通いました。行きは1時間、帰りは1時間半かけて家に着くのは夜中の12時と家にいる時間は6から7時間の生活・・今、母校に赴任して【小さい学校になったな】と感じます。ただ、【脈々と受け継がれる伝統】というモノを強く感じます。 
 
今日は【第55回日輪祭】の開会式が行われている時間ですが、ビデオメッセージを残してきました。55年前にそれまでの【文芸祭】から生徒会が討議を重ねて【日輪祭】と命名されました。第一回の生徒会長と実行委員長の【開催宣言】が残されています。『佐久の澄みきった高原に輝く日輪、これを我々は学問と芸術の祭典の象徴として選んだのである。新しい名を得た日輪祭は、今後その名に恥じない、≪中略≫我々が真剣に考え、体ごとぶつかっていく真の若人の祭典として前進していくであろう。』と宣言がされて、それが受け継がれて55年の時を刻んでいるということです。
 至近の進学状況を簡単に報告します。以前は300名以上の卒業生がいたのですが、一学年40人5クラスなので200名の卒業生。昨年は、関西では京都大学・大阪大学に各1名で、難関国立大学合格者は7名。主要国公立大学には49名、うち信州大学には12名が合格。主要私立大学には86名が合格し、合計135名を数えました。佐久長聖高校は10クラスで約400名で、中学校・小学校を併設し教育レベルを上げて東大を始め国立大合格者を増やすと計画しています。クラブ活動も盛んで、野球部は160名を数え各地から入学させています。そんな訳で生徒数では倍の差がありますが、本年度の国公立の合格者は、わが校は200名中80名、長聖は400名中45名となり、信州大学に野沢北から現役で18名が合格しました。1クラスの人数が少ないと言うことは、丁寧な指導が可能になるということです。
 
そして、新校開校に向けて順調に進むとして、今の小学1・2生が入学対象者となります。新校がど野沢北・野沢南の伝統を受け継いで、新たな学び舎を創っていくのか?という課題に数年前から本校では、先生方が話し合いの中で 『これからの時代に必要なことは、ただ詰め込んで点数がとれて大学に入る・・・だけではダメ・・・生徒たちがもっと考えられるようにする。
 
その為には何が大事か?ということで、長野県の高校の中でいち早く【探求】というモノに目を付けました』『【探求的な学び】をどうやって創っていくのか』と先生方が数年間議論して、生徒を指導するかと研究した結果、全長野県公立高校の中で、唯一本校だけが【スーパー探求研究校】の強化指定を受けています。佐久地域にある様々な企業、自治体、様々な分野で活動されている人達と生徒を結び付けて色んな活動をしています。
 一例を上げますと、〖長野県防災セミナー〗の研究会において、本校・理数科の生徒が『浅間山に火砕流が発生した時に想定される被害』の研究発表を行います。精密な模型を造り実際に火砕流を流して纏めたモノです。そんな【今までには無い、将来に繋がる学び】を目指しています。
 昨日から始まった【日輪祭】も生徒たちは元気に取り組んでおります。また、野球班は今春の公式戦で佐久長聖に〖4対3〗で勝ちました。 昨日、夏の大会に向けての【選手壮行会】があったんですが、『今年の長野県の大会は例年にも増して戦国時代である。どこが優勝するか判らない。その原因を創ったのは君たちである・・・ということは、その責任をとって欲しい。優勝して欲しい』と全校生徒の前で私は言いました。応えてキャプテンが少しビビったのか、活舌の悪い決意表明でしたが、本番ではきっと期待に応えてくれると思います。
 関西岳南会・関西鈴蘭会の皆様にも彼らの活躍に注目、
そして応援をよろしくお願い申し上げます。  
  

         分 科 会
        【 関西岳南会 総会 】

  ① 3年度改選役員(郵便投票による)並びに会則の確認
  
② 元年・2年・3年度の会計報告
     ● 元年度は萩原邦夫氏、黒澤節男氏から寄付金205,000円 
     ● 2・3年度は会費請求振込実績無し
     ● 6月25日 岳南会本部からご祝儀、30,000円
     ● 6月25日 三浦会長からご寄付、100,000円
     ● 4年度の会費納付は36名(6月25日現在)、72,000園
   ③ 4年度予算案  
     ● 前年繰越259千円 収入 100千円 支出 127千円 繰越 232千
  
④ 120周年記念開催と参加申し込み。 6/1発行の岳南会ニュース。
  
        【 関西鈴蘭会 総会 】 
   ① 役員改選 (敬称略)     
        会長 佐野泰子(新任
        副会長  荻原百合子 秋山多喜子(再任) 大西たみ子(会計)     
        幹事  竹井廣子 東川祥子     

   ② 
関西鈴蘭会のあゆみ 
       平成19年3月10日 大阪弥生会館 発足会 初代会長に 坪井みゑ子さん選出
       平成22年4月11日 大阪弥生会館 第4回総会 会長に 荻原百合子さん選出
       
平成26年5月17日 大阪弥生会館 第8回総会 会長に 秋山多喜子さん選出
       令和2年6月20日 第14回  令和3年 コロナ渦の為に開催中止
       令和4年6月25日 ホテルグランビア大阪 第16回 会長に 佐野泰子さん選出

   関西支部の発足 坪井みゑ子 初代会長の回顧録が寄せられ

    
 関西支部(関西鈴蘭会)が発足したのは2007年(平成19年)のことです。JR大阪駅のすぐ近く、弥生会館で第一回総会が開かれました。本部から岩岡会長さん岡本副会長さんもご出席下さり、なんとかそれらしい会になりました。総会後の懇親会は、元々 野沢北校の関西岳南会のあと押しで鈴蘭会が発足に漕ぎつけたという経緯もあり両会の合同で、賑やかで楽しい会になりました。最後に全員で『信濃の国』の斉唱をした時には、大阪のド真ン中に突然信州の風が吹き出したようで感動しました。同窓会支部の発足というと大そうに聞こえますが、正直なところ、誠に頼りない出発でありました。第一回総会を開くに当り本部の岩岡会長さんに宛てた報告の下書きがあります。『【関西鈴蘭会】などと立派な名前をつけましたが、実際は何名の方が出席してくださるのか見当もつきません。その上今のところ何もかも関西岳南会のお世話になりっぱなしで、私が会長を仰せつかりましたのも、偶々誘われて出席した会合で一番年長だったという理由によるもので、甚だ危なっかしいことでございます。ただ縁あって野沢南高を卒業し、関西に住むことになった者たちが、この会をきっかけに何らかの交流が持てるようになれば、と考えております。』あれから四年、2009年には会長も若く頼もしい荻原百合子さん(高9)に交替し会員同士の交流の輪も広がり始めています。関西には八十名余りの同窓生がいらっしゃる筈です。少しでも好奇心のある方達、春の総会を覗きに来てください。きっと新しい“何か”に出会えると思いますので・・              《 平成二十三年三月二十日 記 》 
 
  
   
 
  
  乾杯発声  関口 関西岳南会顧問                            
 『指名ですが、大先輩の中川顧問と秋山鈴蘭会会長の3名で行いたいと思います』

  
    乾杯 秋山会長 関口顧問 中川顧問   自己紹介 小須田孝行 小川佐和子(大日向) 
  小川佐和子(大日向)   『コロナ禍で中々開催に至らずやっと今日皆様にお目にかかれ….自分でも思いがけず大変嬉しく….会長始め事務局の皆様のご苦労に感謝しております。マスクで皆様一人一人のお顔ははっきりわかりませんでしたが、新鮮な気がしまた。小須田孝行さんは初めて岳南会に出席して、同期生にも会え、北高の現状もお聞きして、とても喜んでいました。合わせてお礼を言います。横浜に【北高へ行ける筈の力がある】同級生がおり、父親が小学校1年の時事故で亡くなり、農業をつがなければと𦥑高に行きましたが、結局横浜に出て資格を取り昨年迄自営の仕事をしていました。こちらには臼高の同窓会がないので、羨ましいと言っていました。』 
 
 小須田孝行(大日向)   『同じ大日向出身の一年先輩の小川さんから関西岳南会の存在を前々から聞かされていました。今回はお誘いいただき出席しました。

   自己紹介(敬称略)  記録のできなかった方、画像の無い方ご容赦ください。
    中川 隆二(平賀)   『96歳元気です。92歳になった途端に動けなくなり、三ノ宮まで歩けるようになるのに一ヶ月かかりました。MRI検査で原因究明をしたところ、脊椎管狭窄で神経を圧迫している。背骨を真っ直ぐにすること、特にエレベーターに乗った時に壁に背をピッタリ付けて伸ばすことに気を付けています。  
  

       高橋 満 (大日向)         竹井 廣子 (野沢)          須田 昌宏 (中込)         佐野 泰子( 畑八)  『今回の総会において、関西鈴蘭会の四代目の会長に選出されました佐野泰子でございます。大役を仰せつかり緊張しております。鈴蘭会は勿論の事、関西岳南会の皆様にご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。
  
     閉会挨拶    井出 関西岳南会 名誉会長  
  本日はご多忙にもかかわらず、吉岡会長・柳沢校長には猛暑の中、ご臨席を賜りありがとうございました。岳南会の皆さんには創立120周年記念式典と次回の総会には、皆様が同級生・知人に勧誘いただいて、多くの会員の出席が実現できる事を願っております。

  
  
  *************************** 
  

  
      関西岳南会 令和3年度 総会開催

 本会は新型コロナウイルス感染の影響で、2年度総会開催を延期そして中止となりました。本年3月の緊急事態宣言解除に併せて、ワクチン接種の開始でコロナ禍の終息を期待ししましたが、より感染力の強い変異型ウイルスの蔓延により、3度目の緊急事態宣言が発出されました。               
 岳南会本部では2021年岳南会第一回代議員会・総会にて、高見澤俊雄先生が会長を退かれ、吉岡徹氏(57回)が新会長に選出され、120周年記念事業と野沢南高校との統合に向けての新体制がスタートしました。
 関西岳南会も役員改選の重要案件を抱えたまま、2年もの空白期間は許されません。そこで、3年度総会開催について役員に諮ったところ、『総会議案を郵便投票により、採決する』方法を採ることに賛同を得ました。
 会員の皆様のご理解の下、議案4件に対しての投票(議決権行使)の返信をいただきました。そして、立会人2名の協力を得て事務局で5月21日に開票した結果(別紙:開票報告)を以って、変則的ではありますが総会の決議とさせていただきました。                 
 ワクチン接種が浸透してコロナ禍が終息を迎え、次期総会は皆さんが一堂に会して開催出来ることを願いまして、承認いただいた新旧会長の挨拶文と開票報告を同送し、3年度総会の報告とさせていただきます。

             お知らせとお断わり・・・ 元年度に黒澤節男氏荻原邦夫氏からご寄付をいただきました。
                        よって、財政にゆとりができたことと2年間集合会合が出来なかっ
                        た為に、2年度・3年度の年会費請求を見送らせていただきます。
     令和3年5月31日           関西岳南会 事務局
 
     開票内容

      投票ハガキ
   
 
       会長退任の挨拶
 コロナ禍中ではありますが、会員各位におかれましてはご健勝のこととお慶び申し上げます。                      
 昨年(令和2年)の総会はコロナウイルスの蔓延によって開かれずに終わり、新しい執行部の選出が出来ない状態でした。今年の総会で改めて新しい執行部を選出できることを期待していたのですが、今年もコロナウイルスの猛威によって、開催が困難になりました。このままでは会の運営に差し支えますので今年は役員会の了承を得て、郵便投票によって総会の議決を得ることになりました。皆様のご理解とご協力の結果、無事郵便投票が済み、三浦文夫副会長が会長として選出され、新しい執行部が発足する段取りになりました。
会員の皆様のご協力を感謝いたします。             私は、
平成26年(2013年)から、関口哲生会長の後を継いで会長の役目を仰せつかり、これまで7年間務めさせていただきました。非力なため、迷惑をおかけするばかりでしたが、事務局の業務をお引受け頂きました中井良策幹事を始め、会員の皆様の絶大なご協力のお陰で何とかやって来られましたことを感謝いたします。 在任中、高見澤俊雄岳南会会長の力強いご支援をいただきましたことにこの場をお借りして厚くお礼申しあげます。
 北高は今年創立120周年の節目を迎えます。この間、多士済々の優れた人材を世に送り出してきました。記念式典と記念フォーラムが10月に企画されております。その一方で、野沢南高との再編・統合の懸案が進み、令和12年には新らしい高校を開校する予定であると聞いております。
我が野沢北高等学校の名称が消えることは残念ですが、新しい高校の発展に期待したいと思います。                
関西岳南会は既に平成20年度から関西鈴蘭会との合同での総会・懇親会を開催しております。この合同同窓会の趣旨に「・・・・・信州長野県から離れ、関西の地に仕事を得、住まいを構えた同郷の会員相互の交流の場として、みんなで一緒に充実させていきましょう。」という一節があります。もう随分昔になりますが、関西岳南会の総会に初めて出席して“信濃の国”の歌に感涙したことを思い出します 
 すでにご承知の通り、本部岳南会では高見澤俊雄前会長に替わり吉岡徹氏(57)が新会長に選任されました。 岳南会本部と関西岳南会どちらも新しい会長の下、共に一層発展されることを祈り、退任の挨拶といたします。
            令和3年5月           井出 千束

  
  

      新任ご挨拶
 本年5月21日の関西岳南会総会(コロナ禍により郵便投票となりましたが)にて皆様にご承認いただき、新会長に選任されました三浦文夫でございます。56回卒、出身は佐久穂町海瀬、現在神戸市に在住しております。
 顧みますれば野沢北高等学校同窓会の関西支部・関西岳南会は、創立100周年記念式典を4年後に控えた平成7年3月に、当時大阪大学工学部名誉教授(三洋電機顧問)の新津靖氏(臼田町青沼)の音頭取りで発足したと聞き及びます。  
平成7年と言えば、阪神大震災1月17日午前5時46分に発生。オウム真理教による地下鉄サリン事件。横山ノック(大阪)青島幸男(東京)無党派知事誕生。の年でした。以来、26年の間、2代目の加藤晴三(故人)会長、関口哲生会長、井出千束会長と引き継がれてきた本会の歴史・経緯を考えると、会長職の任の重さを痛感し、身の引き締まる思いであります。
 本年は母校・北高は開校120周年の節目を迎える年でもあり、10月には記念式典が執り行われ、各界で活躍されている同窓諸氏による記念フォーラムも予定されております。すでに岳南会ニュースでご承知のとおり、本部岳南会では高見澤俊雄氏に替わり吉岡徹氏(57回卒)が新会長に選任されました。
更には、野沢南高との再編・統合により佐久地域の普通科高校の拠点校として新しい高等学校を創設し、我が野沢北高等学校の名称が消滅します。県教委では令和4年に計画を確定し、令和12年には新校を開校する方針のようです。校名が消え岳南会が今後どう変わっていくのかも注目する点でもあります。
 関西岳南会はこの再編統合計画に先駆けて、平成20年度から関西鈴蘭会との合同での総会・懇親会を開催しております。
 ホームページのトップページに掲げております会の目的は、
『長野県立野沢北高等学校並びに長野県立野沢南高等学校の同窓会関西支部の活動と同窓会本部と母校の情報を掲載しています。信州・長野県から離れ、関西の地に仕事を得、住まいを構えた同郷の会員相互の交流の場として、みんなで一緒に充実させていきましょう。』であります。
若き日の学びの場、学友と青春を謳歌した母校の場所・校舎・校名・校歌などが変わることは一抹の寂しさを感じますが、より大きくより充実した高校へと変貌し、新たに同窓生が増え活発な交流・懇親を深める関西の拠点創りをしたいと思っております。会員の皆様のご助言、ご助力をお願い申し上げましてご挨拶といたします。どうぞよろしくお願い申し上げます。
      令和3年5月           三浦 文夫

  
  
      関西岳南会 役員名簿      改選 令和 3年 5月 21日
     名誉会長  井出 千束  56(12) S35年   令和 3年 5月 委嘱
     顧  問  中川 隆二  39S19年       平成22年 4月 委嘱
     顧  問  関口 哲生  43S23年       令和 3年 5月 委嘱
     

     会  長  三浦 文夫  56(12) S35年   令和 3年 5月 選任
     副  会 長  佐 塚 浩  58(14) S37年    ()会計
     副  会 長  高 橋 満  58(14) S37年   令和 3年 5月 委嘱
     副  会 長  相 馬 平  60(16) S39年   平成2411月委嘱
     幹  事  加藤 祥一  54(10) S33年   平成2411月委嘱
     幹  事  中井 良策  61(17) S40年   事務局(会計実務)
     幹  事  松永 里子  64(20) S43年   平成193月委嘱
     幹  事  小林 克己  73(29) S52年   平成254月委嘱
     幹  事  横澤まゆみ  74(30) S53年   平成193月委嘱
     幹  事  萩原 悦次  77(33) S56年   平成254月委嘱
     幹  事  井出 良浩  78(34) S57年   平成295月委嘱
     幹  事  大 井 理  82(38) S61年   平成254月委嘱
     幹  事  須田 昌宏  82(38) S61年   平成285月委嘱
     幹  事  永井 哲朗  82(38) S61年   平成285月委嘱
     幹  事  根岸 宏一  82(38)S 61年   平成305月委嘱

                                     以上 
        
    ***************************